人気の北欧ソファーを選ぶなら

MENU

北欧といえば、今でも自然が多く残り、空気がきれいで、気温が低くものすごく寒いというイメージがあります。北欧に住む動物達もいろんな種類が生息しています。

 

その中でも有名な動物というとトナカイです。北欧には数多くのトナカイが生息しており、人が生活していない地域に行くほど、多くのトナカイが生息しています。人が住んでいる生活区域にも頻繁に現れます。道路上をトナカイが歩いていたり、道路を横切ったりすることは日常茶飯事です。

 

北欧にはたくさんの森があり、そこはトナカイの楽園となっています。野生のトナカイが数多く生息しており、自由自適に生活しています。

 

トナカイのオスは、ものすごく立派な角を頭にもっており、そんなトナカイが何匹も道路を歩いていたりします。多くのトナカイで川岸に集まって水を飲んでいたりもします。とにかく北欧という地域はトナカイが多く生息しています。

 

サンタクロースは北欧からやってくるということなんですが、そのサンタが乗るソリを引っ張っているのもトナカイです。なるほどと理解できます。北欧とトナカイは切っても切れない関係にあるのがわかります。

 

現地の人はトナカイの肉を食料にしているそうです。野生のトナカイも数多く生息しているのですが、家畜として飼育している方もいます。飼育方法は、広大な土地に放し飼いにしておくというもので、エサなどを与えることもなく自然のなるままにまかせて放っておくという飼育の仕方です。やることは、どこかに逃げていかないようにしっかりしたフェンスなどを作り管理するだけです。

 

現地のスーパーにいくと、トナカイの肉をさばしてパックにして売られています。調理したものも売られています。また、トナカイは剥製にして販売されたりもします。

 

大きな家に行くと、壁に大きな角のあるトナカイの剥製をみることがあります。北欧ではあのようなトナカイの剥製も制作して販売しています。このように、北欧の人たちと密接な関係にあるのがトナカイです。

 

▲このページの上部へ

←トップページへ戻る