人気の北欧ソファーを選ぶなら

MENU

北欧ソファーで素敵なお部屋つくり

 

北欧スタイルとは、スカンジナビアンスタイルとも呼ばれており、スカンジナビア半島周辺にあるスウェーデンノルウェーフィンランドデンマークなどで生まれたインテリアスタイルのことをいいます。

 

北欧の方では冬がとても長く厳しい寒さが続くことから、室内で家族と一緒に過ごす時間も長くなってくると言われています。

 

そのため、家の中で快適に気持よく過ごせるように室内を美しく整えるという習慣が身に付いているのだとされています。

 

 

北欧スタイルの特徴

 

北欧ソファーなどは、シンプルでありながらナチュラルさを持っており、北欧スタイルの特徴であるとも言われておりますが、デザインや美術など芸術的な面や機能主義といった考え方が影響されており使いやすく合理的であると言われております。

 

自然に囲まれた風土や厳しい寒さの中でも楽しい気分になるような想いから、ナチュラルな素材を用いながらも、カラフルで可愛らしいモチーフなどが加えられています。

 

 

北欧風の部屋づくり

 

一人暮らしのシンプルなお部屋であっても、1人掛けでもポップなカラーを使用しているようなソファーを選ぶことで、楽しい心地よい空間づくりをすることができます。

 

北欧ソファーの選び方によって、理想的なお部屋を作り上げることができるかもしれません。
 


北欧スタイルには、シンプルで自然を感じられるような材質を用いることが多く、木材ではパイン材、ビーチ材、オーク材などがあげられます(右写真:天然パイン材を使用した二人掛けソファー¥29,800税込)

 

また北欧のファブリック類の魅力は、花、鳥、木、など自然をテーマにデザインした可愛らしいプリントをしているものが多く、とても楽しい気持ちにさせてくれます。

 

ソファーカバーには、綿、麻、ウール、皮革などが使用されますが、北欧ソファーらしいカラフルなものを選ぶことで、お部屋の雰囲気はぱっと明るくなり楽しい気持ちにさせてくれます。

 

これからソファーを購入しようとお考えの方がいらっしゃいましたら、北欧ソファーをご覧になってみてはいかがでしょうか。

▲このページの上部へ

←トップページへ戻る

お部屋をイメージしてみる

イメージを明確にする!

 

インテリアや家具などで統一感を出すことで、おしゃれな部屋を作り出すことができます。その場合、どのような部屋にしたいのかを明確にする必要があります。

 

部屋の雰囲気にはシックなものから、モダン系、お姫様系など様々な種類がありますが、中でも最近人気が高いのが北欧系のデザインです。これは、スウェーデンなどの北欧諸国で使われているインテリアやファブリックなどの鮮やかな色合いを使って、部屋をコーディネートすることです。

 

 

北欧ソファーはファブリックが命

 

では、このような北欧系の部屋にコーディネートしたい場合、まずは部屋の雰囲気を決定付けるソファーが重要なポイントになります。そこで、北欧ソファーの選び方について説明します。

 

 

部屋の色合いを確認する

ソファーは、部屋の中心に位置するものなので、ファブリックが部屋にある他のインテリアや壁紙などと合うかどうかが大切です。色の選び方は、明るい色を選ぶ場合は部屋もそれに合わせて明るくなり、暗い色を選べば部屋も暗くなります。

 

北欧系の部屋の場合、鮮やかな原色を使った物が多いので、既にあるインテリアなどの中間色を選ぶことで、周りの物に上手く溶け込ませることができます。

 

 

ファブリックを選ぶ

こちらも、北欧系の雰囲気を出すために、レザーなどの硬い素材ではなく、温かみのある柔らかい素材が適しています。例えば、ニットや綿などの肌触りが良く、他のインテリアにも馴染みやすいファブリックが良いですね。また、北欧系に問わず、ソファーは長く使用する物なので、抗菌作用があり、耐久性に優れた物を選ぶと末永くソファーを愛用することが可能です。
また、ペットや小さなお子様がいる家庭では、肌に優しく、ペットや子供などのひっかき傷などがつきにくい物が使い勝手が良いです。

 

したがって、ソファーを購入する時には、実際に生地を見て、触ってみることが必要です。特に、インターネット通販で購入する場合は、生地のサンプルを見てから決めると間違いがないです。(画像はイメージです)

 

▲このページの上部へ

←トップページへ戻る